わきがと関係の深い汗について

MENU

わきがと関係の深い汗について

汗について

汗とワキガはとても深い関係にあります。
アポクリン汗腺からでるアポクリン汗という汗は、ワキガの臭いの原因となりますし、 エクリン汗腺からでるエクリン汗という汗は、 ワキガのニオイを周囲にまき散らしてしまいます。
日常生活でも汗は、出かける前につけた制汗剤や消臭剤を流れ落としてしまいますし、わきの下に黄色い汗ジミをつくります。 わきが体質の人にとって汗ほど、やっかいな存在はないのではないしょうか?
わきが体質でない人も、「汗くさい」「ベトベトする」 といったことから、汗を嫌らっています。
このように汗は、みんなから嫌われていますが、もし、汗をかかなかったらどうなるのでしょうか?
また、なぜ、人は汗をかくのでしょうか?汗にはどういった役割があるのでしょうか?
ここからは、そんな汗について、見ていきたいと思います。

 

 

人はなぜ、汗をかくのか?

私たち人間は、周囲の温度が高くても低くても体温がほぼ一定に保たれている恒温動物です。
体温が一定に保たれるためには、体温を調節するメカニズムが必要です。人間の脳には、「視床下部」と呼ばれる体温を調節する中枢があり、 ここが体温調整を行っています。
この中枢は、寒いときは体内に多量の熱を発生させ、暑いときは体外へ熱を放出し、体温が一定になるようにバランスをとっています。
人間は運動などをすると、糖分や脂肪などのエネルギーを燃焼させ、体内で熱が発生します。もし、この熱を体外に放出しなければ、 人間は死んでしまいます。
人間の体温は、42℃以上の熱が長時間続くと生命を維持することができなくなるからです。 体温に関しては、後ほど説明しますが、体内に発生した熱を体外に放出するのが、「汗の役割」になります。

 

人間は体温が上昇すると、汗を身体の表面に出して、汗が蒸発する時に身体の熱が奪われることで、体温のバランスをキープしています。 つまり汗は、体温を下げる「冷却システム」 の役割をしているということです。
普段、「汗臭い」「ベトベトする」と嫌われている汗は、人間が生きていくために必要な体温調整を行ってくれていたんですね。

 

 

 

汗の役割

人間の体温の平均は36.0度~36.5度と言われています。 37度以上になると微熱、38度以上になると発熱などといわれます。
人間は汗をかくことで、この体温調整をおこなっているというお話をしました。もし、 汗をかかずに体温調整を行わなかったら、ヒトは死んでしまいます。
なぜ、体温調整を行わないと死んでしまうのかというと、人間の身体はタンパク質でできているため、 体温が42度になると熱で固まってしまう性質があるからです。
つまり42度以上熱が出てしまったら、ヒトは生命を維持することが不可能になります。
今はあまり見なくなってしまいましたが、水銀式体温計の目盛りが42度までしかないのはそういう理由だからです。
汗は体温調整という重要な役割を行っていますが、汗の役割はこれだけではありません。汗は、カラダの老廃物を体外に排泄するのにも役に立っています。
人間の体内で生成され蓄積された塩分・尿酸・アミノ酸 アンモニア・乳酸・尿素・クレアチニン・ 水素などの老廃物を汗の成分として排出してくれます。
老廃物はからだの一部に長時間、多く溜まれば、頭痛・後頚部痛・肩こり・腰痛・ 手足のしびれなどの原因にもなります。汗はこれらの症状を防止する役割もあるんです。
このように汗は、私たちの生命や健康の維持のためにとても重要な働きをしてくれています。こういった汗の良い面にも目を向けて、 汗と上手に付き合ってみてはいかがでしょうか。