わきがの発生原因を知ろう!

MENU

→なぜ、わきがになるのか?
わきがは、ワキの下が汗くさいというのが原因ではなく、分泌物と、皮膚表面に着く細菌の仕業であると言われています。

 

私たちのワキの下には、「汗腺」と 「皮脂腺」という器官があり、 これがわきが発生に大きく影響しています。

 

汗腺には「エクリン汗腺」と「アポクリン汗腺」という2つの種類があります。

 

これらの器官から出る汗や分泌物が、 細菌によって分解されると、強い刺激臭を発するようになります。
では、わきがの原因となっている、「エクリン汗腺」「アポクリン汗腺」「皮脂腺」とは、いったいなんなのでしょうか?

 

これらが、どのようにわきがの原因となっているのでしょうか?

 

 

ワキガの原因【エクリン汗腺】とは?

わきがの発生には、「エクリン汗腺」「アポクリン汗腺」 「皮脂腺」という器官が原因となっているというお話をしました。
それでは、これらの器官はどのような働きをしているのでしょうか?それぞれの特性と働きについて見てみましょう。

 

アポクリン汗腺

ワキガは、汗腺と脂肪腺が相互に影響しあって発生しますが、ニオイの元となっているのが、アポクリン汗腺です。
アポクリン汗腺は、エクリン汗腺と同じ汗腺(かんせん)ですが、比較してみるとかなり違った特徴を持っています。
アポクリン汗腺は、毛の密集しているワキや耳の中、陰部など限られた部分に分布しています。
アポクリン汗腺から出る汗をアポクリン汗といいます。アポクリン汗は、 粘り気のある乳白色がかった液体で、 タンパク質や脂肪、アンモニア、鉄分、色素、蛍光物質など臭いの元となる物質を含んでいます。
アポクリン汗は色素を含むため、わきが症状の強い方は、洋服に黄色い汗ジミを作ることがあります。
アポクリン汗もエクリン汗と同様に、分泌されたときは無臭ですが、皮膚の上にいる細菌によって分解され、 わきが特有のニオイを発します。
アポクリン汗が分泌されたまま放っておくと、体温により細菌が増殖し、徐々にニオイが強くなり、周囲にニオイを感じさせてしまいます。
わきが対策として、清潔にするというのは、こういった理由があります。
アポクリン汗腺は、赤ちゃんのときから幼児期にかけては、全く活動をしません。それが、思春期の頃に徐々に活動が始まり、熟年以降、 老化で衰えるまで続きます。

 

 

 

ワキガの原因【アポクリン汗腺】とは?

ワキガは、汗腺と脂肪腺が相互に影響しあって発生しますが、ニオイの元となっているのが、アポクリン汗腺です。
アポクリン汗腺は、エクリン汗腺と同じ汗腺(かんせん)ですが、比較してみるとかなり違った特徴を持っています。

 

アポクリン汗腺

アポクリン汗腺は、毛の密集しているワキや耳の中、陰部など限られた部分に分布しています。
アポクリン汗腺から出る汗をアポクリン汗といいます。アポクリン汗は、 粘り気のある乳白色がかった液体で、 タンパク質や脂肪、アンモニア、鉄分、色素、蛍光物質など臭いの元となる物質を含んでいます。
アポクリン汗は色素を含むため、わきが症状の強い方は、洋服に黄色い汗ジミを作ることがあります。
アポクリン汗もエクリン汗と同様に、分泌されたときは無臭ですが、皮膚の上にいる細菌によって分解され、 わきが特有のニオイを発します。
アポクリン汗が分泌されたまま放っておくと、体温により細菌が増殖し、徐々にニオイが強くなり、周囲にニオイを感じさせてしまいます。
わきが対策として、清潔にするというのは、こういった理由があります。
アポクリン汗腺は、赤ちゃんのときから幼児期にかけては、全く活動をしません。それが、思春期の頃に徐々に活動が始まり、熟年以降、 老化で衰えるまで続きます。

 

 

 

ワキガの原因【皮脂腺】とは?

わきがの原因となる3つの腺の最後は、皮脂腺(ひしせん) です。

 

皮脂腺

皮脂腺は、毛の生えている部分にしかなく毛根にある器官で、からだの表面に皮脂を分泌し、 皮膚を守る働きをしています。皮脂は皮膚を柔らかくしたり、 耐水性を保つ皮膚のバリアのようなものだと思ってください。
この皮脂腺がなければ肌は、カサカサになってすぐにひび割れしてしまいます。皮脂は、 肌のうるおいを保つための重要な役割を担っているんです。
しかし、皮脂には、皮膚を保護するための「油脂」や「数種類の脂肪酸」が含まれるため、 雑菌と混ざり合うことでワキガの臭いを強める働きもあります。
皮脂腺がわきがの直接の原因ではありませんが、皮脂腺の働きが活発になるとニオイを助長させることになります。
皮脂腺は、 動物性脂肪を摂ることで活発になるので、なるべく肉食中心の食生活から、お魚の中心の食生活に代えるなど、 動物性脂肪を取り過ぎないように心がけましょう。
また、皮脂に雑菌が繁殖するとニキビや吹き出物の原因となります。

 

皮脂対策

皮脂を抑えるには、食生活を改善して睡眠を良くとり、 規則正しい生活を送ることが一番の近道です。
食べ物では、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンCを含むものは皮脂の分泌を抑えます。ビタミンB2、ビタミンB6、 ビタミンCを含む食べ物は次のようなものがあります。

  • ビタミンB2(いくら 、うなぎ、焼きのり 、いわし 、納豆など)
  • ビタミンB6(さんま 、さば、バナナ、ごま 、きゃべつ など)
  • ビタミンC(パセリ、ブロッコリー、レンコン、枝豆、レモン、りんご など)