わきが対策 薬

MENU

わきがの薬といえば、制汗剤などの外用薬が主流ですが、病院で相談すると内服薬を貰える事があるようです。
この内服薬は、全身の発汗を抑える作用がある薬ですが、唾液や涙などの体液も、同時に減少してしまう副作用があるので、あまり使用に適した薬ではないようです。

 

精神的なものが原因で、多汗となってしまい、わきがを引き起こす場合には、精神安定剤などの内服薬が効果があるといわれています。
しかし副作用として、眠気やだるさが出る場合があるので、内服する際は、運転できない、仕事・勉強に集中出来ないなど不自由な面もあるようです。