わきが対策 食事

MENU

肉類や油っこいものをよく食べる方は要注意

欧米人は、全体の80%がわきがといわれていますが、 これは肉類やチーズといった高脂肪、高タンパクの食生活が影響していると考えられています。
肉類やチーズといった乳製品には、飽和脂肪酸と呼ばれる動物性脂肪が含まれていて、この飽和脂肪酸が、 体内吸収される「脂肪酸」や「コレステロール」 「中性脂肪」に分解され、これらがアポクリン汗腺や脂肪酸から排出されて、ワキガ臭を発生させます。

 

日本人も高度経済成長のころから、食生活が欧米化してきたため、ハンバーガーやポテト、チーズ、 ステーキなどの油っこい物を食べるのが当たり前になってきました。
このため、昔と比べて今の日本人はわきが体質の人が増えてきたといわれています。

 

このように体のニオイと食習慣は非常に密接な関係にあるといことがわかります。

 

 

 

バランスの取れた食事を摂ろう

ワキガと食生活は非常に深く関係しています。欧米人の80% がワキガというのも、ほとんどの原因が食生活にあると考えられます。
日本人のワキガの人の割合は10% と欧米に比べて極端に低いですが、日本人の食生活が肉食中心に変化してきたことで、 わきがの人の割合は年々増加してきています。
食生活を変えたからといって、急にワキガが無くなることはありませんが、根気よく続けていればワキガの発生をくい止めることはできます。

 

ワキガの原因となる食べ物として特に注意して頂きたいのが、脂肪分です。 揚げ物やファーストフードなどの高脂肪・ 高タンパクの食事はワキガの発生の原因になります。
また、ニラやニンニクなど臭いの強い野菜も注意が必要です。これらの野菜は汗のニオイをきつくします。

 

反対にワキガを抑える食品は、魚や野菜、納豆、味噌汁、豆腐など低脂肪・ 低タンパクのものです。昔の日本の食卓に並んでいた食べ物ですね。

 

しかし、ワキガの発生に影響するからといって、肉類やニオイの強い野菜を全く摂らないのは考えものです。ワキガを気にしすぎて、 人間が生きていくうえで、必要な栄養素を欠いてしまっては意味がありません。
ワキガの発生を抑えるには食事療法は有効ですが、食生活を急に変えるのではなく、少しづつ改善していくことをオススメします。