ワキガ発生のメカニズム

MENU

ここまで、「エクリン汗腺」「アポクリン汗腺」「皮脂腺」という3つの分泌腺の働きを見てきました。
ここでは、これらの分泌腺がどのように影響して、ワキガを発生させているかを見ていきたいと思います。

 

 

なぜ、ワキガが発生するのか?

わきが特有のツンとくるニオイは、アポクリン汗腺が原因ですが、わき下の構造もわきが発生に大きく関わってきます。
わきの下には、毛が密集しているため、必然的に皮脂腺も密集しています。
つまり、わきの下では、皮脂が多量に分泌されていることになります。
また、わきの下は腕と胸にはさまれているため、汗が蒸発しにくく、 こもりやすい状態になっています。
ですから、わきの下は、いつも適度に湿り気があって、 脂肪分が豊富な状態になっています。

 

実は、適度な湿り気と豊富な脂肪分は、細菌の繁殖条件としては実に好条件なのです。
アポクリン汗は、分泌されたときは無臭ですが、 わきの下の皮脂とまじりあい、細菌に分解されあの不快なニオイを発生させています。
さらに悪い事に、わきの下には、エクリン汗腺も存在しているため、エクリン汗によりニオイが広範囲に拡散され、その結果、 周囲にわきがの嫌なニオイを発散してしまうんです。
わきがの人はニオイもさることながら、黄色の汗ジミも悩みの種だと思いますが、 アポクリン汗に含まれる鉄分や色素がエクリン汗によって拡散されることで、黄色の汗ジミになってしまいます。